オリジナルTシャツのプリントデザインをみんなで考えよう

作品に応じた最適なものを

刺繍

パッチワークを行なうときに外すことができないのがキルト糸です。布と布などをつなぎ合わせるキルト糸は、そのパッチワークに最適なものを選ぶことが重要になってきます。初心者の方は、ミシン糸とキルト糸の区別さえつかない人が多いはずです。よく見ると、糸の太さや質感などが違っているので、その点に注目してみると面白い発見をすることができます。

パッチワークを趣味にすると、可愛い製品が出来上がっていく工程を楽しんだり、その作品が増えていく喜びを感じることなどができるので、とても有意義な時間を手に入れることができるようになります。一人で黙々を作業する時間が長いので、心を落ち着かせることができます。完成した作品は、プレゼントなどをするととても喜ばれるでしょう。パッチワークを始めるときに多くの人が悩むのが糸についてです。つくろうとしている作品一つひとつに適した糸があるので、本やインターネットを利用して適切な糸を選んでいきましょう。パッチワークに使用する糸で代表的なものがキルト糸です。一言でキルト糸といっても、細かく種類が分かれてきます。ピーシング用、キルティング用、アップリケ用、刺繍用、しつけ用など、パッチワークを趣味とする人の間では、これらそれぞれに最適なキルト糸を揃えることが良いとされているようです。その中でも、キルティングにはデュアルデューティを、アップリケにはモンリッキーの糸を使用しているという人が多い傾向にあります。

Copyright © 2016 オリジナルTシャツのプリントデザインをみんなで考えよう All Rights Reserved.